ウィンカークリアー加工方法

ウィンカーを自分でクリアー加工する方法

ウィンカー内のオレンジ色のパーツを取り除きクリアーウィンカー
加工したいな〜っと、思っている方、今回は必見ですよ!!
自作でクリアー加工といえば、よくバルブを入れる穴よりドライバーなどで
コジリ取り出したりウィンカー本体の裏側を切り取り部品を外した後に
また元に戻すなどの方法がありますがこう言った方法はメッキのインナーの
パーツがキズだらけになったり仕上がりがイマイチだったりしますね。
今回は加工のプロもやってる同じ方法を惜しげも無く教えま〜す。(* ̄∇ ̄)
ウィンカーのレンズ自体がオレンジの物はできませんので予めご了承下さい。
加工するウィンカーは車体より取り外します。
取り外し方は車種によって異なりますので今回はご勘弁下さい。m(_ _)mペコリ
まずは次の物を用意してください。
手袋、ドライヤー、ウィンカーの入る箱(木、段ボール箱等)
固めのへら等です。
さ〜て、分解方法ですが
ウィンカーのレンズと本体は軟化性プラスチックで結合されています。
この軟化性プラスチックは接着剤のようですが暖めると
柔らかくなり冷えると固まる性質があります。
つまりウィンカーを暖めればレンズと本体とを分離する事ができます。

では、手順です。

1、レンズを箱に入れふたをします。ドライアーで暖めますので先が入る
  ぐらいの穴を開けておいて下さい。

2、ドライアーの先を箱に入れ暖めます。そ〜うです、サウナ状態にする
  のです。時間にして10分〜15分ほど暖めます。

3、暖めましたら軟化性のプラスチックが噛んだガムのように柔らかく
  なりますのでそうなりましたらレンズと本体のツナギ目にヘラなどを
  差しこみ少しづつ分離して行きます。

  レンズが割れたりする恐れがありますので慎重にゆっくりと
  分離して下さい

  また軟化性プラスチックが糸を引きますのでレンズに付かないように
  注意して下さいね。

4、分離しましたらオレンジ色の部品を取り外します。取り外し方は車種に
  よってネジ止めであったりはめ込み式であったりします。

5、後は元のようにレンズを取りつけます。レンズと本体を仮組みして
  箱の中に入れて再度、暖めます。柔らかくなりましたらレンズを
  本体に押し込みます。

6、一度分解した物は水漏れを起こしやすいのでレンズの淵にコーキング処理
  をします。コーキングはホームセンターで売られているシリコン系
  コーキング剤でいいです。 商品名はバスコークで売られています。

 これで完成です (^-^)

加工のついでにウィンカー内にLEDを埋め込んでもいいですね。
この方法はヘッドライトの分解方法としても応用する事ができます。
ヘッドライトはウィンカー比べて少々困難ですが要領が分かれば結構簡単に
ヘッドライトを分解する事が出来ます。

*** 注意事項 ***
※このブログ内のの情報は、発行人が独自に調査・配信しているものであり
情報の正確性について、発行人は一切の責任を負わないものとします。
※車の改造・加工による事故、破損の責任は一切持ちませんので自己責任の
もとで行ってください。
※記載された情報の無断掲載・転用を禁じます。
※リンクはフリーですご遠慮なくしてください。

エッセ ダイハツ

最近のガソリンの値段が高騰しているからでしょうか?私のブログの
アクセス解折を見ているとダイハツの軽自動車「エッセ」が検索フレーズに
よく出現しています。今世間では燃費のいい車に関心があるように思います。

検索フレーズの中には「エッセのドレスアップ」「エッセの改造方法」なども
含まれるのでこのエッセは結構、若い人の検索も多いのも伺うことができます。

ダイハツの「エッセ」といえば女優の黒木 瞳さんをイメージキャラクター
にした軽自動車ですね。エッセは新型3気筒エンジンを搭載しエコ具合は
トップクラスの性能だそうです。なんといっても「ECO」というグレードまで
用意するほどの周到さですからね。実際、「ECO」グレードは10・15モード
燃費で26Km/Lを実現しており、かなりの省燃費です。

気になる3年後の車の価値、いわゆるリセールバリューというと
DAIHATSU ESSE(ダイハツ エッセ)
グレード:X
車両価格:1,065,000-

で考えた場合、リセールバリューは41%〜61%だそうですのでまずまずの
リセールバリューではないでしょうか。

エッセの車両価格は「ECO」の65万円〜ということで、安い部類に入るの
ですがミラより優れた動力性能を持ち、今、流行りの「ECO」であり。
女性向けのパッケージも充実しているなど需要が見込める事から
中古車となっても人気が出ると予測されるそうです。

エンジンルームのドレスアップ

「ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT」

まもなく映画で上映されますね。
この映画は車好きにとってはたまりませんね、今から楽しみにしています。

この映画の魅力はカリカリにチューンされた最新鋭のチューンド・カーの
登場とストーリーのワイルドさではないでしょうか?

今回の最新作ワイルド・スピード×3ではフェアレディZ350、RX-7など数々
の究極のマシーンが東京でドリフトバトルレースを展開してくれるそうですよ。

カーアクションのコーディネーターに

なんと!  ( ̄□ ̄;)

ドリフトキングの名で知られる土屋圭市さんが参加しているとの事。
さすがドリキン土屋圭市選手。。。

今回は私の14マジェスタのエンジンルームをお見せしましょう。
ワイルド・スピードに登場する車のようにカリカリのチューンでは
ありませんがドレスアップをしています。
平成4年式の高年式の車なのにどうでしょう?綺麗だと思いませんか?
たいしたパーツは付いていませんが見えない所にも気を使い細部にわたって
キレイにクリーニングして磨きこんであります。
パーツをやたら付けてあるけど車がボロボロっていうのはいやなんですね。
先ずはキレイする事がドレスアップの基本と私は考えています。

エンジンルームのドレスアップ.jpg

エンジンルームをキレイにしていると思わぬメリットもあります。
「清掃は点検なり」という言葉があるようにオイル漏れが有ったりすると
すぐに発見する事ができますのでトラブルの事前予防にもなります。

もしかして貴方・・・( ̄Д ̄;)

点検は整備工場まかせで愛車の

「ボンネットなんて開けた事が無い!!」

って、ことは無いでしょうね?

「えっ、ある」

そうですよね・・・(汗)

車好きでそのような人はいませんよね。・・・(大汗)

関連記事
ワイルド・スピード×3と私のドレスアップカー

※当サイトの写真はオリジナルのため無断使用は禁止です。 
 リンクはフリーですので、ご自由にして下さい。

ノイズ除去フィルターで燃費向上

ノイズ除去フィルターでパワーアップ

ノイズ除去フィルターという物をアーシングのコードに取りつけるとで
燃費向上、パワーアップし、またオーディオなどはノイズがなくなり
クリアーになるとの情報を手に入れました。。
ノイズ除去フィルターがどういった物かといいますと、この画像の物ですが

ノイズフィルター.jpg

でっ、これがいったい何か?
また、効果があるのかを電気に詳しい私の知人に聞いてみました。

-----------------------<ここから>------------------------------------

これはコードの上から挟み込むクランプフィルターというものですね。
フェライトのコアがノイズを吸収する物です。
最近の身近な物では携帯電話の充電器のコードに付いているのをよく見ます。
充電中にコードより発生するノイズをこれで除去する事で周辺の他の
機器への影響を押さえています。
他の機器とはたとえばテレビとかラジオとかです。
車のアーシングコードに付ける事によりオーディオ関係へのノイズに
よる影響は押さえることが出きると思いますがこれにより燃費向上や
パワーアップをする?
のかは申し訳ありませんがよく解りません。

-----------------------<ここまで>------------------------------------

との事です。
では、私が早速、試してみましょ〜う。(#^ー^#)
電気部品店でTDK製 内径7mmのクランプフィルターを6個買ってきました。
TDKって、あのカセットテープで有名な会社です。
こういった物も販売していたのですね。
値段は1個税込みで158円でした。(サイズにより違います)
クランプフィルターは山田電気のパソコン配線関係のコーナーにも置いてあります。
取り付けはカチッとはめ込むだけですので自作のホットイナズマのプラスと
マイナスに各1個と4本のアーシングのコードにそれぞれ1個付けてみました。

ノイズフィルター付き.jpg

効果の方は・・・
ノイズの方に関しましては元々なかったので解りませんが
走行フィーリングは・・・・・ん〜〜〜( ̄^ ̄;)
特に変化はないようです・・・(⌒〜⌒ι)
取り付け位置などで変わるのかな〜?(汗)
燃費の方は0.2Kmアップしましたが微妙だな〜っ
この程度なら走り方で変わるので・・・
まっ、こういう物は雰囲気・・・自己満足!
ヨシ!・・・・ということにしておこう。(⌒〜⌒ι)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。