シャコタン(車高短)

昔も今もシャコタン(車高短)なんだな〜

車をカッコよく見せる手法としてローダウンがありますね。

やはり車は車高が低い方がカッコいいです。(#^ー^#)

これは昔からそうで今では旧車のスカイラインのケンメリや
通称ブタケツのローレルそしてセドリック、セリカ、
あ〜っ、そうそうハコスカも現役バリバリの時代もそうでしたね。

シャコタンと言うと違法改造で、今風のローダウンと言うと合法的な
ドレスアップって感じがしますね。意味合いは同じなのですが。

ローダウン地上最低高をクリアーすればOKです。

昔は今のように車高調やエアーサスの無い時代でしたので
ローダウンいわゆるシャコタンにするにはバネカットでしたね。

中にはバネを全部、取っ払ってノーサスていうのもありました。

私の先輩のケンメリがそうでしたが乗り心地といえば
そりゃ〜っもう、ピォンピォン跳ねて最悪でした。(笑)

だって、路面からの衝撃の吸収はタイヤだけですからね。(^^;)

しかもこのケンメリはガソリンを給油できるスタンドも限られて
いましたし電車の踏み切りは絶対に走れません(爆)

そんな頃の雑誌、ヤングオートで掲載されている投稿写真では
車の横にタバコを置いていかに低いかを強調していましたね。

今は純正部品でもローダウンサスがありますが
当時は規制が厳しくローダウンは違法改造でしたけど・・・
車をカッコよく見せるのはやっぱ昔も今もシャコタンなんだな〜っ。


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。