ホットイナズマ分解レポート

ホットイナズマ分解レポート

今回は本物のホットイナズマを分解しましたので
ホットイナズマの分解レポートをします。

ホットイナズマとは?ホットイナズマの蓄電システムにより、
高出力時など電圧が変化する際に、各電装品に掛かる負荷と
ロスを軽減し、安定作動させる。

つまり車輌の持つ潜在能力を引き出すことを可能にする
チューニングパーツです。

別名コンデンサーチューニンとも呼ばれています。

バッテリーのプラスとマイナスに接続するだけの簡単な
取り付けで燃費向上、パワーアップ、トルクアップ
レスポンスアップに期待できるアイテムです。

ホットイナズマの仕組みは25V
耐熱105℃の電解コンデンサーが

LRタイプ(低速用)は 470μF(マイクロファラット)1個

HRタイプ(高速用)は 4700μF 1個

MRタイプ(全域型)は470μF、4700μFを並列に接続

になっている事をご存知の方も見えるかも知れませんが
ハイエンドモデルであるホットイナズマハイパー
の中身はどうなっているのだろう??

と、いう事で手持ちのホットイナズマハイパーの分解を決意!!

ホットイナズマ分解1.jpg

まずは、裏ブタを止めてある4本のビスを外しました。
フタの隙間にマイナスドライバーを入れて中の電子部品や
基盤を傷つけないように慎重にこじってみました。

ん〜・・・以外にも硬い(⌒〜⌒ι)

もう少し力を入れてこじってみましたがやはり硬い!

思いきって力を入れてこじったら

「バッキ!」


えっ・・・ (* ̄∇ ̄) 

フ、フタが割れてしまいました。

表ケースから柱が延長されていて裏フタが接着されていました。

ここまできたら後には引けませんので裏フタを割りながら
取り外しました。
ようやく中が見えると思いきや・・・・


「な、なんと!! ( ̄□ ̄;)」


ホットイナズマ分解2.jpg

基盤はFRPに使うポリエステル樹脂のような物で固定されています。

表ケースは金属製かと思っていたのですがプラスチック製でした。

その割にはこれ非常に重いのでよく見るとポリエステル樹脂が
ケース内一杯に充填されていることが判明!

てっ、ことは・・・・(汗)

マジすか?・・・(大汗)

分解して基盤を取り出すのは不可能!

(* ̄∇ ̄) ガ〜ン・・・・

見れないとなると、ど〜しても基盤の表に付いている
部品を見たくてロータリーバンドソーというノコギリで
表ケースをカットして分解する事にしました。

さすがに、ためらいましたね〜っでも決意して

「チュイ〜ン〜」

作業開始から1分ほどでカットできました。
やはりケース内は一杯に樹脂が充填されていました。

切り口より見えるのは1000uFほどのコンデンサー?
ような物が5個。

明らかに今までのシリーズとは違うのは解りますが
樹脂で固められているので本当にコンデンサーなのか
並列につながっているのか?容量はいくつなのか?

さっぱり解りません。

結局、有利な情報を得ることができませんでした・・・

定価23800円がパーになってしまいました。 (;´Д`)

・・トホホ〜ッ・・・(泣)

こちらが分解した画像です。

分解というよりは破壊ですね。(汗)

ホットイナズマ分解レポートでした。

ホットイナズマ分解3.jpg

ホットイナズマ自作
ホットイナズマの仕組みと効果

★注意事項★
当ブログはリンクフリーですのでお問い合わせの必要はありません。
ただし、画像のみの無断使用はご遠慮下さい。


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。