アーシングの効果と原理

アーシング チューニング

自動車の電気系チューニングの定番といえばアーシング
ではないでしょうか?

アーシングは特に専門知識も必要なく、ちょっとした工具と簡単な取り付けで
即、効果が感じられるのが定番となった理由だと思います。

車で使われる電気は、まず送り側であるバッテリーのプラスの電気は銅線の
配線によって各電装品まで送られています。マイナスの電気は、ボディーを
伝わりバッテリーのマイナスに戻ります。

ですが、自動車のボディー鋼鈑は、銅線と比べ電気の通導率(抵抗値)が
大幅に違います。

特にボディースポット溶接をしている部分の電気抵抗はどうしても大きく
なってしまいます。

アーシングとはその名の通り「アース(マイナス)の強化」です。

アーシングコードの片側をエンジンヘッドや各電装品の周辺の取り付け
ボルトなどを利用して接続しアーシングコードのもう片側をバッテリーの
マイナス端子に接続する事で各電装品とバッテリーのマイナス端子とが
ダイレクトにつながり電気抵抗によるロスを無くし効率よく電気が流れます。

それにより各部の本来の潜在能力を発揮し、トルクや燃費がアップ
するというものです。

つまり効率よく電気を流すとスパークプラグの火花が強力になるからです。

特に古い車では純正アースの線が細い上に少なく、またボディの劣化や
酸化などによって、さらに電気抵抗が大きくなっていますので
アースィングをすると効果大きく感じる事もあります。

では、実際に効果があるのでしょうか?

私が実験したところではアーシングをしている、してないでは確かに燃費の
数値に違いが出ましたので効果はあります。

アーシングコードの太さの違いはどうでしょうか?理論上では太くて短い方が
電気抵抗は少ないので効率が良いのですが、アーシングコードの太さには
一般的によく使われる8sq(スケア)極太サイズの12sqなどがありますが
太さによる効果の違いは私が実験したところでは違いは有りませんでした。

12sqの極太サイズはコード自体も高価で見た目にも力強いのでより効果が
あるようですが、要はアーシングをしているか?していないかの方が肝心のようです。

まっ、自己満足の効果は大きいようです。

ちょっと変わったアーシングコードを発見しました。『スパークアース』と
呼ばれるこの商品、コードの途中になにやら四角いボックス
が付いています。

この中にはノイズフィルターが内蔵されているようです。

このノイズフィルターでスパークプラグより発生したノイズ(雑音)を吸収する
事でさらに電気の効率を高めアーシングの効果を引き出す物のようです。

スパークアースはアーシングの今後の新しい形なのかも知れませんね。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。