ホットイナズマ自作

ホットイナズマ自作方法

ホットイナズマ自作しました。
どうせ自作するなら本物のホットイナズマより、さらに性能の良い
自作ホットイナズマを作ってみました。
全域型のホットイナズマであるMRタイプの電解コンデンサーの
トータル容量は470μF+4700μF=5170μF ですが
今回の自作には、さらに1000μFコンデンサーを追加し容量アップをして
効果の向上を図りました。トータル容量は6170μFになります。
容量アップで効果の方をかなり期待していますが・・・
自作に使用した電解コンデンサーは一応メーカー品と言われている
日本ケミコン製耐熱105℃です。
この3個の電解コンデンサーを全て並列につなげます。

自作ホットイナズマ1.jpg

ホットイナズマ自作には
写真のように穴のたくさん開いたユニバーサル基盤を使用しました。
電解コンデンサーには極性があります。足の長い方がプラスです。
マイナス側はコンデンサー本体に表示がしてありますので間違いのないように
配線し安全のためにプラス側に15Aのヒューズを取り付けました。
これが無いとコンデンサーが劣化でパンクしたり万が一何かでショートしたら
配線が焦げるだけでは済まなく最悪の場合は火災になります。
「火の車」な〜んて事になったら怖いですね。(爆 )
洒落になりません。

自作ホットイナズマ2.jpg

裏側はこんな感じです。
バッテリーに接続するコードですが以前、アーシングに使用した8sq(スケア)
の残りがありましたのでこれを使用しました。
コンデンサーの足が0.6mmしかないのでこんな太いコードを使用しても
あまり意味が無いのですが絶縁の皮膜が丈夫なので良いかと思います。

自作ホットイナズマ4.jpg

プラケースに入れるとこんな感じです。
プラケースは電気部品店で120円で購入しました。

自作ホットイナズマ5.jpg

カーボン調のカッティングシートをケースに貼りカーボンルックにしてみました。
ネームランドを使いラベルも作りました。なかなか格好いいです。
どう?このホットイナズマ、市販品のような出来栄えでは?

自作ホットイナズマ6.jpg

自作ホットイナズマの
効果の方ですがヘッドライト照度、オーディオノイズの軽減の変化は
残念ながらありませんでしたが走りの方は変化がありました。
パワーアップした感じがします。エンジン回ります、スムーズです。
自作品ですのでよりそう思えるのかもしれませんがトルクアップ、
レスポンスアップを感じます。今回かかった費用は千円強でしたので
まっ、この効果には大変満足です。
次回はさらに容量アップした物を作製する予定です。

★注意事項★
これは私の自作レポートです。自作を勧めているわけではありません。
配線の間違え、半田付け不良、絶縁不良は火災などの重大な災害になる
場合があります。万が一の事故、災害に付きましては管理人は一切、
責任を負いませんので自作される場合は自己責任で行って下さい。


関連記事
ホットイナズマの仕組みと効果
ホットイナズマ分解レポート
MRタイプの3倍以上にさらに容量アップした自作ホットイナズマの作り方

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。