ウィンカークリアー加工方法

ウィンカーを自分でクリアー加工する方法

ウィンカー内のオレンジ色のパーツを取り除きクリアーウィンカー
加工したいな〜っと、思っている方、今回は必見ですよ!!
自作でクリアー加工といえば、よくバルブを入れる穴よりドライバーなどで
コジリ取り出したりウィンカー本体の裏側を切り取り部品を外した後に
また元に戻すなどの方法がありますがこう言った方法はメッキのインナーの
パーツがキズだらけになったり仕上がりがイマイチだったりしますね。
今回は加工のプロもやってる同じ方法を惜しげも無く教えま〜す。(* ̄∇ ̄)
ウィンカーのレンズ自体がオレンジの物はできませんので予めご了承下さい。
加工するウィンカーは車体より取り外します。
取り外し方は車種によって異なりますので今回はご勘弁下さい。m(_ _)mペコリ
まずは次の物を用意してください。
手袋、ドライヤー、ウィンカーの入る箱(木、段ボール箱等)
固めのへら等です。
さ〜て、分解方法ですが
ウィンカーのレンズと本体は軟化性プラスチックで結合されています。
この軟化性プラスチックは接着剤のようですが暖めると
柔らかくなり冷えると固まる性質があります。
つまりウィンカーを暖めればレンズと本体とを分離する事ができます。

では、手順です。

1、レンズを箱に入れふたをします。ドライアーで暖めますので先が入る
  ぐらいの穴を開けておいて下さい。

2、ドライアーの先を箱に入れ暖めます。そ〜うです、サウナ状態にする
  のです。時間にして10分〜15分ほど暖めます。

3、暖めましたら軟化性のプラスチックが噛んだガムのように柔らかく
  なりますのでそうなりましたらレンズと本体のツナギ目にヘラなどを
  差しこみ少しづつ分離して行きます。

  レンズが割れたりする恐れがありますので慎重にゆっくりと
  分離して下さい

  また軟化性プラスチックが糸を引きますのでレンズに付かないように
  注意して下さいね。

4、分離しましたらオレンジ色の部品を取り外します。取り外し方は車種に
  よってネジ止めであったりはめ込み式であったりします。

5、後は元のようにレンズを取りつけます。レンズと本体を仮組みして
  箱の中に入れて再度、暖めます。柔らかくなりましたらレンズを
  本体に押し込みます。

6、一度分解した物は水漏れを起こしやすいのでレンズの淵にコーキング処理
  をします。コーキングはホームセンターで売られているシリコン系
  コーキング剤でいいです。 商品名はバスコークで売られています。

 これで完成です (^-^)

加工のついでにウィンカー内にLEDを埋め込んでもいいですね。
この方法はヘッドライトの分解方法としても応用する事ができます。
ヘッドライトはウィンカー比べて少々困難ですが要領が分かれば結構簡単に
ヘッドライトを分解する事が出来ます。

*** 注意事項 ***
※このブログ内のの情報は、発行人が独自に調査・配信しているものであり
情報の正確性について、発行人は一切の責任を負わないものとします。
※車の改造・加工による事故、破損の責任は一切持ちませんので自己責任の
もとで行ってください。
※記載された情報の無断掲載・転用を禁じます。
※リンクはフリーですご遠慮なくしてください。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。