自作ドアミラーウィンカー

ベンツのドアミラーウィンカーを見て、どうしても自分の
14マジェスタに付けてみたかったので自作でドアミラーウィンカーを取り付けました。

取り付けが簡単だろうと思いカバータイプの物を最初は検討したのですが
よく考えてみるとカバータイプの物でも車の色に合わせて塗装しなければ

いけませんし、発光ダイオードのLEDを点灯させるための配線をするのに
ウィンカーを分解して配線を通す必要があります。

しかもドアミラーウィンカーは可倒式なので配線を軸の中心に通さなけ
ればいけないので結局ほとんど分解する必要があります。

それとドアの内張りも外す必要があります。

まさか、配線をボディーの外に添わす訳にはいきませんからね。

カバータイプでもどうせそこまでやる必要があるのならと思い、憧れの
本物のベンツのドアミラーウィンカーを埋め込むことにしました。

マジェスタドアミラー.jpg

埋め込みといってもマジェスタのドアミラーの中は雨滴除去装置や鏡を
動かすモーターなどがぎっしりと入っていますのでこの機能を生かした
まま中に埋め込む事は実際は不可能です。

ですので、ウィンカーユニットをドアミラーの上に乗せてその回りをパテで
盛り上げる方法で自作加工をしています。

使用したパテは粘土パテで2種類の粘土を混ぜ合わせると数分後に固まる
物です。

このパテはオーディオのツィーターなどをピラーに埋め込む時など
に使用する物です。

(ちなみにスーパーオートバックスのオーディオコーナーで購入しました。)

パテが固まった後にドアミラーのラインになじむようにスムージング
(実は、これが一番大変でした。)

そしてポリパテ→ ラッカパテ→ サフェサーそして塗装という工程を
踏んでいます。

塗装は缶スプレーですが、どうよこの仕上がり!缶スプレーでもちゃんと
やればこんな風に仕上がるのですよ〜っ。

ドアミラーの上に乗せてパテ埋めしてありますので多少大きくなっていますが
それほど違和感も無く、本物のベンツの物ですので奥行きの有るキラキラした
所がとてもカッコイイです。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。