バッテリーのメンテナンス

バッテリーのトラブルというと冬場のイメージがありますが
夏場の一般道でのJAF出動件数では
バッテリーのトラブルが多いそうですよ。

これは夏場の渋滞ではほとんどアイドリング状態に近いにもかかわらず
暑いのでエアコンフル稼働

おまけに・・・

ナビゲーション、TV、オーディオ、DVDなどの電装品の使用で
充電がほとんどされないのでバッテリー自体が痛んでいると
容量不足でダウンしてしまいます。

そうなるとセルが回りません。

エンジンがかかりません。

ただでさえ渋滞で皆さんイライラしているのに
トラブルで車が動かないと・・・

他の人にも迷惑をかけてしまいますし
しかもメッチャ焦りますよね。( ゚Д゚)ーーーーー(゚д゚;)

そのような事にならないよう事前にメンテナンスしておきましょう。

バッテリーのメンテナンスはバッテリー液の補充もそうですが
スタンドなどで電解液を比重計で測定する事をお勧めします。

規定外でしたら迷うことなく交換ですね。

この場合は・・・

バッテリー液を補充しても強化剤などのケミカル商品を入れても
中の電極が劣化していますので復活はしません。

でも、(⌒〜⌒ι)

最近のバッテリーって高性能な密閉型のメンテナンスフリーが多く
なっていますよね。

密閉型の場合は比重を測定する事ができません。( ̄□ ̄;)

こういった高性能バッテリーは使えなくなる寸前まで性能が
安定していますので
「最近、セルの回りが弱くなったな〜っ」
とか言った前兆がなく突然、使えなくなるケースが多いそうです。

一般的には2〜3年が交換時期と言われていますので
もし3年たっているようでしたら交換をした方が良いでしょう。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。