ダミーフェンダーダクト取り付け

先日、購入したダミーダクトですが忙しさのため、なかなか取り付ける

機会がなく、そのままほったらかしにしていました。


まっ、このダミーダクトの取り付けは両面テープで貼り付けるだけなのですが

そのままダミーダクトを貼り付けると見るからに後付けって感じなので

ボディーカラーに合わせて塗装をしてから取り付けました。


塗装といってもカー用品店で販売されている武蔵ホルツのカーペイントです。

つまり、缶スプレーの自家塗装ですね。


缶スプレーだからとあなどってはいけませんよ。

上手に塗装すれば板金塗装屋さんなみにキレイに仕上がりますから。


でも、キズやヘコミの修正後の部分塗装は、だいたい色が合わないので

さすがに難しいです。パーツ単体なら多少の色の違いは目立たず全然OKです。


では、画像付きでその様子をレポートしましたのでご覧下さい。


1、まずは、メッキのフィンは外しておきます。
  これはネジで固定されていました。
  その後にプラスチック成型時の油脂分をシリコンオフで洗浄

フェンダーダクト.jpg

2、私のマジェスタはパール三層コートなので3種類のカーペイントが必要です。

缶スプレー

3、塗料の乗りを良くするためにバンパープライマーを最初に塗っておきます。
  その後にウォームパールマイ046下塗り→ホワイトパールマイカ上塗り
  仕上げにクリアーA−4のカーペイントを塗装していきます。
  なんか、この画像を見るとスリッパみたいですね(笑)

塗装

4、メッシュの部分がボディーと同色になってしまいましたので
  カーボン調のカッティングシートを形状に合わせて貼り付けました。
  これ、結構いけています。

メッシュ

5、取り外したメッキのフィンを元に戻し、フェンダーの貼り付け位置を
  決めた後両面テープで貼り付けました。
  結構バッチリ決まりました。
  なんか、マジェスタがちょっとゴッツクなった感じです。

フェンダーダクト


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。