オプティマバッテリーへの交換

そろそろマジェスタもバッテリーの交換時期になってきましたので交換しました。

今回交換したバッテリーは、ちょっと良い物をということで
オプティマバッテリーにしちゃいました〜っ。

オプティマ.jpg

ところで、オプティマバッテリーとは何?って言う人のために簡単ですがご説明します。

オプティマバッテリーとは依頼のバッテリーとは構造が異なります。
まずは完全密封により液漏れがしません。
なんと、横向でも縦むき、逆さまでも取り付けができてしまうそうです。

科学反応により発生したガスは液体に還元されるため、液の補充の必要がありません。
完全なメンテナンスフリーです。

螺旋状に巻かれた強固なセル構造(スパイラルセル)により従来の鉛蓄電池よりも
50%〜100%大きくなっています。
そのため寒さにも強く、低い自己放電率で、長期間車に乗らなくて放置しても十分な
始動パワーを保持できます。

また、耐衝撃性に優れたポリプロピレン製ケースというのも特徴です。

その安定した信頼のある性能は車の始動用だけではなくオーディオの補助バッテリー
にもよく使われています。

いいことずくめですね。でも、デメリットもあります。それは、メチャ値段が高い!!

私のマジェスタの元々のバッテリーは「85D26L」ですので、それに相当する
オプティマバッテリーの品番は「90D26L」となり値段は34、650円です(汗)

まっ、でも依頼のバッテリーの寿命が2〜3年に対してオプティマバッテリーの寿命は
常使用で8年から10年と言われているので最初の投資は大きいけどお得なのかな?
って私は考えています。あくまでも私の考えですけど・・・

車への取り付けは通常のバッテリーとなんだ替わることはありません。
だから自分でも簡単にできてしまいます。
バッテリー交換の基本的な外す時はターミナルの「−」から外し取り付けるときは
逆でターミナルの「+」から取り付けます。
これはボディーにマイナスの流れている時にプラス側を取り付けると工具がボディーに
接触してショートするのを防ぐためです。

オプティマ2.jpg

尚、マジェスタの場合バッテリーの高さが足りないので付属の高さスペーサーが
必要でした。


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。