ダミーフェンダーダクト取り付け

先日、購入したダミーダクトですが忙しさのため、なかなか取り付ける

機会がなく、そのままほったらかしにしていました。


まっ、このダミーダクトの取り付けは両面テープで貼り付けるだけなのですが

そのままダミーダクトを貼り付けると見るからに後付けって感じなので

ボディーカラーに合わせて塗装をしてから取り付けました。


塗装といってもカー用品店で販売されている武蔵ホルツのカーペイントです。

つまり、缶スプレーの自家塗装ですね。


缶スプレーだからとあなどってはいけませんよ。

上手に塗装すれば板金塗装屋さんなみにキレイに仕上がりますから。


でも、キズやヘコミの修正後の部分塗装は、だいたい色が合わないので

さすがに難しいです。パーツ単体なら多少の色の違いは目立たず全然OKです。


では、画像付きでその様子をレポートしましたのでご覧下さい。


1、まずは、メッキのフィンは外しておきます。
  これはネジで固定されていました。
  その後にプラスチック成型時の油脂分をシリコンオフで洗浄

フェンダーダクト.jpg

2、私のマジェスタはパール三層コートなので3種類のカーペイントが必要です。

缶スプレー

3、塗料の乗りを良くするためにバンパープライマーを最初に塗っておきます。
  その後にウォームパールマイ046下塗り→ホワイトパールマイカ上塗り
  仕上げにクリアーA−4のカーペイントを塗装していきます。
  なんか、この画像を見るとスリッパみたいですね(笑)

塗装

4、メッシュの部分がボディーと同色になってしまいましたので
  カーボン調のカッティングシートを形状に合わせて貼り付けました。
  これ、結構いけています。

メッシュ

5、取り外したメッキのフィンを元に戻し、フェンダーの貼り付け位置を
  決めた後両面テープで貼り付けました。
  結構バッチリ決まりました。
  なんか、マジェスタがちょっとゴッツクなった感じです。

フェンダーダクト

自作ドアミラーウィンカー

ベンツのドアミラーウィンカーを見て、どうしても自分の
14マジェスタに付けてみたかったので自作でドアミラーウィンカーを取り付けました。

取り付けが簡単だろうと思いカバータイプの物を最初は検討したのですが
よく考えてみるとカバータイプの物でも車の色に合わせて塗装しなければ

いけませんし、発光ダイオードのLEDを点灯させるための配線をするのに
ウィンカーを分解して配線を通す必要があります。

しかもドアミラーウィンカーは可倒式なので配線を軸の中心に通さなけ
ればいけないので結局ほとんど分解する必要があります。

それとドアの内張りも外す必要があります。

まさか、配線をボディーの外に添わす訳にはいきませんからね。

カバータイプでもどうせそこまでやる必要があるのならと思い、憧れの
本物のベンツのドアミラーウィンカーを埋め込むことにしました。

マジェスタドアミラー.jpg

埋め込みといってもマジェスタのドアミラーの中は雨滴除去装置や鏡を
動かすモーターなどがぎっしりと入っていますのでこの機能を生かした
まま中に埋め込む事は実際は不可能です。

ですので、ウィンカーユニットをドアミラーの上に乗せてその回りをパテで
盛り上げる方法で自作加工をしています。

使用したパテは粘土パテで2種類の粘土を混ぜ合わせると数分後に固まる
物です。

このパテはオーディオのツィーターなどをピラーに埋め込む時など
に使用する物です。

(ちなみにスーパーオートバックスのオーディオコーナーで購入しました。)

パテが固まった後にドアミラーのラインになじむようにスムージング
(実は、これが一番大変でした。)

そしてポリパテ→ ラッカパテ→ サフェサーそして塗装という工程を
踏んでいます。

塗装は缶スプレーですが、どうよこの仕上がり!缶スプレーでもちゃんと
やればこんな風に仕上がるのですよ〜っ。

ドアミラーの上に乗せてパテ埋めしてありますので多少大きくなっていますが
それほど違和感も無く、本物のベンツの物ですので奥行きの有るキラキラした
所がとてもカッコイイです。

インテリアスプレーで内装のドレスアップ

マジェスタ内装.jpg

これは私の14マジェスタの内装ですがシート以外は全て自作で
ドレスアップしてあります。

内張りはドアより取り外してから白い部分はレザーで張り替え
青い部分は塗装しています。

塗料はインテリアスプレーを使用しました。

インテリアスプレーとは?

このインテリアスプレーは車の内装専用の塗料で乾燥後も柔軟性があり
柔らかい部分に塗装してもひび割れをしません。

また、インテリアスプレーは塗装の際にムラになりにくいのが特徴です。

私の車は塗装してから2年ほど経ちますがまったく問題がありません。

注意しなければいけないのが塗装前にシリコンオフなどを使用して完全に
脱脂する必要があります。


アーマーオールやポリメイトなどの艶だし剤を使用した事がある
場合は特に念入りに脱脂してくださいね。

で、ないと・・・( ̄Д ̄;) 

スプレーしたとたんに塗料が弾いてしまいます。

それとムラになったり後で剥がれの原因になりますよ〜っ。

大変な事になってしまいます。

インテリアスプレーの詳しい使用方法はスプレー缶のラベルに記載
されている説明を参照して下さい。


※この車はドレスアップ競技用車両です。
※車の改造・加工による事故、破損の責任は一切持ちませんの
で自己責任のもとで行ってください。
※記載された情報の無断掲載・転用を禁じます。
※リンクはフリーですのでお問い合わせの必要はありません。

LED(発光ダイオード)加工

最近、LED(発光ダイオード)を使用したドレスアップが流行していますね。


テールランプやウィンカーにLEDを取り付け加工したり、外装エアロパーツ

のサイドステップなどに組み込んだり、または内装に取り入れてキレイに

ライトアップした物など車のオーナーの思考に合わせたLEDを使用した

様々なドレスアップされています。


LEDの特徴はフィラメントを使用した電球より、はるかに寿命が長く

消費電流も少なく、一点を刺すようなシャープな光を発光するところです。


そのため、電気機器のパイロットランプなどに多く使用されてきました。


フィラメントの電球には無いシャープな光が魅力で車のドレスアップ

にも取り入れられたようです。


LEDによるドレスアップ加工は電気抵抗値の求め方、電気基盤の作成

ハンダ付け、車の部品の分解などの電気の知識と工作力が有る人は

自作でテールランプやウィンカーを加工する人もいます。


テールランプに組み込んだ場合「LEDを何個使用した」というのが

自動車オーナーの一つの自慢点でもあります。


確かに、発光ダイオードの数が増えると加工も大変で、またそういった

加工メーカーに依頼した場合でもかなりの金額になります。


テールランプやウインカーLED加工で注意しなければいけないのが

フィラメントの電球に比べて圧倒的に光量が少ないので十分な光量を確保

するような加工が必要です。


テールランプやウインカーは車の挙動を他車に知らせるとても重要な

パーツでもあります。

たとえばブレーキを踏んだのに十分な光量が無いために後続車が気付かずに

突っ込んでくるなどの重大な事故を引き起こす場合もあります。


エアロパーツ

エアロパーツを取り付けるとスタイリッシュになって車がカッコよく

なりますよね。


でも、エアロパーツとは本来はそもそも自動車の走行時の空気の流れを

整流して空気抵抗を減らしたり、ダウンフォースといって車体を下向きの

力を発生させてタイヤのグリップ力を増加させコーナーリングスピード

を高めたりするパーツです。


一般車でのエアロパーツとはどちらかと言うと空力的な効果より

見た目のファッション性の方が重視されています。


ヘッドライトに貼り付けるアイラインについては、まったくエアロ的な

効果はありませんよね。

これはまったくの見た目だけのファッション用のパーツです。

なぜ?アイラインがエアロパーツに分類されるのかは分かりませんが・・・


エアロパーツの素材は主にFRP(強化プラスチック)が使われています。

FRPとはガラス繊維を樹脂で固めた物です。

この素材を使用する理由は軽くて丈夫な上でマスターとなるメス型を

作ってしまえば低コストで量産できるからです。


また、ちょっとした物なら自作でFRPでパーツを作ることができます。


最近ではカーボンファイバー製の物も多数あります。

こちらはカーボンファイバー繊維素材その物が高価なため商品自体の

値段が非常に効果です。


カーボンファイバーの利点は何と言っても丈夫ですので、その分

パーツ自体の厚みを薄くすることで軽く仕上げることができることです。

カーボンファイバーは本来は黒い物なのですが最近はホワイトカーボン製

の物もあります。

フェンダー ダミーダクト

最近はファッションとしてフロントフェンダーにエアーダクト加工

するのが流行しているように思います。


ダクトのタイプはメルセデスベンツSL風やロリンザーやBMW風

SLRマクラーレン風であったりで車のオーナーの好みによって様々ですね。


私もフロントフェンダーにダクトを入れようかな?って思ったんですが

ダクトを入れるとなると結構大変な板金加工が必要なんですよね。


そう思っていたらインターネットで良い物を見つけましたので購入しました。

それは両面テープで貼り付けるだけのダミーダクトです。


まっ、貼り付けるだけといてもやはりボディーの色に合わせて塗装は必要です。

このままでは、いかにも後付けしました!って言わんばかりですからね(笑)


今回は、まだ取り付けていませんので次回の記事で塗装して取り付けた写真と

ともに報告したいと思います。

フェンダーダクト.jpg

あっ、そうそう、ダクトはインターネットで2000円で手に入れました。

ケタがひとつ違いますよ〜っ(安!)

では、次回をお楽しみに。。。

私のドレスアップカー14マジェスタ

私の自慢のチューニングカー ドレスアップカー
をご紹介させていただきます。

これは私の自慢の14系クラウン・マジェスタです。

14マジェスタ.JPG

自慢なのはバンパー、サイドステップのエアロの塗装取り付け以外は
自分で自作や加工をした事です。
特に内装はスーパーオートバックスで購入したインテリアスプレー
内張りを自家塗装したりレザーを張り替えてドレスアップしてあります。
ダッシュボードはアーテンシャンスピリッツのFRP製カバーを
缶スプレーを使ってキャンディーブルーで自家塗装。

関連記事
インテリアスプレーで内装のドレスアップ

でも、この内装はまぶしくて長距離運転は目が疲れます。(^^;)

マジェスタ内装.jpg

こちらは自作ドアミラーウインカーです。
カバータイプの物も有るのですがどうせならと思い本物のベンツの
ドアミラーウインカーをパテ埋めで取り付けました。
さすが本物、キラキラ感がカッコイイです。

関連記事
自作ドアミラーウィンカー

マジェスタドアミラー.jpg

ちなみにこの車はドレスアップ競技用車両ですので
ドリフトはできません!(爆)
のでご了承下さい。。。

関連記事

※当サイトの写真はオリジナルのため無断使用は禁止です。 
 リンクはフリーですのでご自由にして下さい。


愛車自慢特集実施中
あなたのクルマを紹介してください
抽選でクルマで聞けちゃうiPodセットをプレゼント!
カーセンサーで「マジェスタ」を見てみる

エンジンルームのドレスアップ

「ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT」

まもなく映画で上映されますね。
この映画は車好きにとってはたまりませんね、今から楽しみにしています。

この映画の魅力はカリカリにチューンされた最新鋭のチューンド・カーの
登場とストーリーのワイルドさではないでしょうか?

今回の最新作ワイルド・スピード×3ではフェアレディZ350、RX-7など数々
の究極のマシーンが東京でドリフトバトルレースを展開してくれるそうですよ。

カーアクションのコーディネーターに

なんと!  ( ̄□ ̄;)

ドリフトキングの名で知られる土屋圭市さんが参加しているとの事。
さすがドリキン土屋圭市選手。。。

今回は私の14マジェスタのエンジンルームをお見せしましょう。
ワイルド・スピードに登場する車のようにカリカリのチューンでは
ありませんがドレスアップをしています。
平成4年式の高年式の車なのにどうでしょう?綺麗だと思いませんか?
たいしたパーツは付いていませんが見えない所にも気を使い細部にわたって
キレイにクリーニングして磨きこんであります。
パーツをやたら付けてあるけど車がボロボロっていうのはいやなんですね。
先ずはキレイする事がドレスアップの基本と私は考えています。

エンジンルームのドレスアップ.jpg

エンジンルームをキレイにしていると思わぬメリットもあります。
「清掃は点検なり」という言葉があるようにオイル漏れが有ったりすると
すぐに発見する事ができますのでトラブルの事前予防にもなります。

もしかして貴方・・・( ̄Д ̄;)

点検は整備工場まかせで愛車の

「ボンネットなんて開けた事が無い!!」

って、ことは無いでしょうね?

「えっ、ある」

そうですよね・・・(汗)

車好きでそのような人はいませんよね。・・・(大汗)

関連記事
ワイルド・スピード×3と私のドレスアップカー

※当サイトの写真はオリジナルのため無断使用は禁止です。 
 リンクはフリーですので、ご自由にして下さい。

マフラーカッター

取り付け簡単!マフラーカッター

自動車のリヤビューで雰囲気を変えるドレスアップとしてマフラー
を交換する方法がありますよね。

マフラーを交換するだけでスポーティーな車はよりスポーティーに
高級車はより高級感が増すことができます。

でも、マフラーを交換するとなると購入代金や取り付け工賃などの
費用がかかるし又、気になるのはマフラーの音ですよね。

うるさくなるのはちょっと・・・

と思っているならマフラーカッターを取り付けて雰囲気だけを楽し
むのもいいのでは?

最近は色々なタイプが各社から販売されていますが今回、紹介するのは

スポーティーな車にピッタリの大迫力の砲弾マフラーカッターです。

どうです?この迫力は?

見た目は大きな音が出そうな雰囲気ではないでしょうか?

でも、当たり前ですがマフラーカッターなのでマフラー音は純正の
ままなので快適です!

勿論、取り付けは簡単ですので自分でもできます。

★砲弾タイプ マフラーカッター

目立つノーマルマフラー 砲弾タイプ【カー用品のSFC】

★砲弾パンチングタイプ マフラーカッター

目立つノーマルマフラー 砲弾パンチングタイプ【カー用品のSFC】

シャコタン(車高短)

昔も今もシャコタン(車高短)なんだな〜

車をカッコよく見せる手法としてローダウンがありますね。

やはり車は車高が低い方がカッコいいです。(#^ー^#)

これは昔からそうで今では旧車のスカイラインのケンメリや
通称ブタケツのローレルそしてセドリック、セリカ、
あ〜っ、そうそうハコスカも現役バリバリの時代もそうでしたね。

シャコタンと言うと違法改造で、今風のローダウンと言うと合法的な
ドレスアップって感じがしますね。意味合いは同じなのですが。

ローダウン地上最低高をクリアーすればOKです。

昔は今のように車高調やエアーサスの無い時代でしたので
ローダウンいわゆるシャコタンにするにはバネカットでしたね。

中にはバネを全部、取っ払ってノーサスていうのもありました。

私の先輩のケンメリがそうでしたが乗り心地といえば
そりゃ〜っもう、ピォンピォン跳ねて最悪でした。(笑)

だって、路面からの衝撃の吸収はタイヤだけですからね。(^^;)

しかもこのケンメリはガソリンを給油できるスタンドも限られて
いましたし電車の踏み切りは絶対に走れません(爆)

そんな頃の雑誌、ヤングオートで掲載されている投稿写真では
車の横にタバコを置いていかに低いかを強調していましたね。

今は純正部品でもローダウンサスがありますが
当時は規制が厳しくローダウンは違法改造でしたけど・・・
車をカッコよく見せるのはやっぱ昔も今もシャコタンなんだな〜っ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。